バイジュ(拝住)(読み)バイジュ(英語表記)Baiju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイジュ(拝住)
バイジュ
Baiju

モンゴル帝国の将軍。モンゴル部のイスト (またはベスト) 氏の人。 1230年のチョルマグン (綽児馬罕) 将軍の西征に従いペルシアに行き,初め千戸を指揮,のち万戸長に昇進。 43年アナトリア・セルジューク朝モンゴルに臣従させた。

バイジュ(拝住)
バイジュ
Baiju

[生]?
[没]至治3(1323)
中国,元中期の宰相。ジャライル (札剌亦児) 部の人。諡は忠献。重臣ムハリ (木華黎) の曾孫。名宰相アントン (安童) の孫。至治1 (1321) 年英宗即位後重用され,中書左丞相に就任,権臣テムデル (鉄木迭児) の没後中書右丞相に進み,英宗を助けて政治の刷新をはかった。そしてテムデルの旧悪があばかれたとき,不安を感じクーデターを起したテムデルの義子テクシ (鉄失) らに英宗とともに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android