コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイトゥル・ヒクマ Bayt al-Ḥikmah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイトゥル・ヒクマ
Bayt al-Ḥikmah

アッバース朝時代バグダードにおかれた研究・翻訳所。意味は「知恵の館」。 830年カリフ,マームーンがグンデ・シャプールの学院にならって創設した研究機関で,カリフ,ムタワッキル (在位 847~861) の時代まで存続した。主要な活動はギリシア語の医学,自然科学,哲学に関する文献をアラビア語に翻訳することで,同時に天文学の研究も行なった。所長はサフル・イブン・ハールーンとサルム,学者にヤフヤー・イブン・マーサワイフ,フナイン・イブン・イスハークらを輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android