コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ・アメリカン条項

1件 の用語解説(バイ・アメリカン条項の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バイ・アメリカン条項

景気対策として実施される公共投資について、米国産品の優先使用を義務づける条項。世界恐慌時の1933年に成立したバイ・アメリカン法裏付けとする。13日に米議会が可決した景気対策法案に盛り込まれた。対象品目は鉄鋼や一般工業製品。新規の雇用創出や経済活性化のために国内生産を増やす狙いがある。オバマ政権は、世界貿易機関(WTO)などの国際ルールに違反しないよう、議会に条項を修正させた。国内産品の使用で事業費が25%を上回って膨らむ場合などは適用除外を認めた。WTOの政府調達協定に加盟する日本や欧州連合は適用されないが、中国やインドブラジルなどは対象になりうる。

(2009-02-19 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイ・アメリカン条項の関連キーワード内需関連株公共投資費用便益分析財政政策区画整理月例経済報告十五箇月予算ポリシー・ミックス(Policy mix)メークグッド補正予算の臨時交付金

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone