コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウンス・マーク バウンスマークbounce mark

岩石学辞典の解説

バウンス・マーク

非連続的な物体痕で,対称的なカヌー形のマーク.約1cm程度(5cm位まで)の長さの短い窪みで,中央で幅が最も大きくなり,かつ深くなるような非連続的な物体痕.上流側と下流側に向って次第に浅くなるもの.砂粒,礫,貝殻などの物体が泥質の底を擦過して形成される.一般にソール・マークとして保存される[Wood & Smith : 1959, 木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

バウンス・マークの関連キーワードブラッシュ・マークスキップ・マーク

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android