コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バカガイ(馬鹿貝) バカガイsurf clam

1件 の用語解説(バカガイ(馬鹿貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バカガイ【バカガイ(馬鹿貝) surf clam】

バカガイ科の食用二枚貝イラスト)。別名ミナトガイ。殻は長さ8.5cm,高さ6.5cm,膨らみ4cmに達し,丸みある三角形。やや薄質で灰白色。殻表の成長脈は前・後部でははっきりしている。黄褐色の皮で覆われる。また幼貝のときは放射状の淡褐色の色帯があるが,成長すると消える。しかし,北海道など北方では成貝でもそれが残り,この型をエゾバカガイM.c.carneopictaという。軟体は朱色で足は斧形。とると弱くて,死にやすく,殻をあけてこの足をだらりと出すので,これを馬鹿者が舌を出しているのに見たてて名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバカガイ(馬鹿貝)の言及

【貝柱】より

…二枚貝の殻を開閉する筋肉。たんに〈柱〉ともいい,タイラギ(タイラガイ),ホタテガイ,イタヤガイ,バカガイなどのものが美味である。タイラギのそれは最も大型で関東以南の市場で柱といえば,おおむねこれを指す。…

※「バカガイ(馬鹿貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone