バギオ(台風)(読み)ばぎお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バギオ(台風)
ばぎお
baguio

フィリピンにおける台風の呼び名で、ルソン島北部のバギオ市に由来する。1911年7月14日、ルソン島北部に上陸した台風による豪雨と洪水によってルソン島各地で大災害があり、このときバギオ市では24時間に1168ミリメートルという当時の世界記録の降水量を記録した。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバギオ(台風)の言及

【風】より

… チリchili地中海中部・南部での北アフリカやアラビア半島の砂漠からの熱風。 バギオbaguioフィリピンにおける台風の呼名。 ハブーブhaboobアフリカのスーダンに吹く砂あらし。…

※「バギオ(台風)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android