バケリア(読み)ばけりあ

世界大百科事典内のバケリアの言及

【ガウチョ】より

…パンパには16世紀半ばにスペイン人により牛馬が移入され,なかでも牛はパンパの生態条件によく適合し,野生化してその数が急増した。16~18世紀にはこの野生牛を捕らえてその皮を輸出することがパンパの主要産業となり,原野で牛を捕らえる,いわゆるバケリアvaqueríaが盛んに行われた。バケリアは隊伍を組んで原野に入り込み,馬で牛を追いつめ,ボレアドール(投げ玉)でしとめる作業だったが危険も多く,そこから乗馬術にたけた勇敢なガウチョが生まれたとされる。…

※「バケリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android