コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシャン Bashan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシャン
Bashan

旧約,新約聖書に引用されている歴史的地方名。大部分は現在のシリア南部の地域にあたる。北はヘルモン山,西はガリラヤ湖,南はヤルムク川,東はハウラン高原に囲まれた高原地帯で標高 533~770m前後。肥沃で水も豊かため農耕牧畜に適し,旧約聖書には豊かな牧場の象徴として登場する。旧約聖書によれば,バシャンはイスラエル人に占領されてマナセの半部族に与えられ,ソロモンの行政区の一つとなった。のちにアッシリアペルシアセレウコス朝の支配を受け,ローマ時代にはローマの穀倉の一つであった。皇帝アウグスツスはこれをヘロデ大王に与え,新約時代にはバタネアと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バシャンの関連キーワード民数記

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バシャンの関連情報