コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バショーモン Bachaumont, François le Coigneux de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バショーモン
Bachaumont, François le Coigneux de

[生]1624
[没]1702
フランスの詩人。シャペルとの共著『旅行記』 Le Voyage (1663) は,ときに風刺を交えた詩と散文による南フランス紀行である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バショーモン【Louis Petit de Bachaumont】

1690‐1771
フランスの年代記作者会計検査官の子としてパリに生まれ,独身のまま裕福で教養ある社交人の生涯を送った。1730年ころから40年もの間,年上のドゥブレ夫人と深い友情で結ばれ,反宗教的色彩の強い彼女のサロンの中心人物となる。サロンで取材した話題やゴシップを編纂した年代記は当時から評判を呼んだが,彼の死後も書き継がれ,《1762年から現在までの文芸共和国史のための秘録》全36巻にまとまり,ルイ15世治下のパリおよびベルサイユの政治,文化,風俗の諸相を活写した第一級の資料といわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android