コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスケット・メーカー文化 バスケットメーカーぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

バスケットメーカーぶんか【バスケット・メーカー文化】

北アメリカ南西部の先史時代文化の一つで,アナサジ文化前半期に比定される。デザート文化に比定されるコチーズ文化を基盤に発展した。I期は不明な点が多く,通例II期とIII期に分けられる。バスケット・メーカーBasket MakerII文化(前100‐後400)は,トウモロコシ,カボチャの栽培はあったものの,野生植物の種子の採集,狩猟にも依存していた。南西部の農耕体系形成段階にあったと考えられる。集落は小規模で洞窟や岩陰に形成されることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバスケット・メーカー文化の言及

【編物】より

… 前2500年ごろのスイスの杭上住居址の土器にもイグサで編みかけた平織の蓆の圧痕があり,スカンジナビアの泥炭地遺跡では,イグサ,アマ,柳,アシなどのみごとな籠や蓆その他種々の編物が出土している。北アメリカ南西部のアナサジAnasaji文化の前半期(前100‐後700)はバスケット・メーカー文化とよばれ,椀や盆から各種物入れ,尖底の運搬用容器,ピッチで防水加工した液体用容器に至るさまざまなバスケット類をはじめ編袋や漁・猟用網など多種多様の優れた編物細工で有名である。インドではモヘンジョ・ダロに,中国では仰韶文化の彩陶の底部に蓆の圧痕をみるが,中国では後に漢代の楽浪古墳の彩篋(さいきよう)のように竹皮を編んだ籃胎に漆を塗って彩色した優品が作られるに至る。…

【メサ・バーデ国立公園】より

…アメリカ合衆国,コロラド州南西端に位置し,1906年国立公園となった。48ヵ所ある国立公園のなかで唯一のインディアンの先史遺跡。2000年ほど前からバスケットメーカーと呼ばれる農耕民がこの地区の岩陰に住みはじめたが,5~8世紀になると丸太で組んで泥を塗る住居をつくり,弓矢を用いるようになった。8世紀から12世紀にかけてメサ台地上に弓状に家の連なる村をつくり,その近くにトウモロコシなどの畑をつくった。…

※「バスケット・メーカー文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バスケット・メーカー文化の関連キーワードアメリカ・インディアンメサ・バーデ国立公園プエブロ文化編む

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android