コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バススヌープ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バススヌープ

複数のプロセッサーが、1つのバスで、主記憶メモリーを共有しているマルチプロセッサーシステムで、キャッシュのコヒーレンシ(一貫性)を維持するのに効果的な手法。それぞれのプロセッサーが、共有されたメモリーインターフェイスバス上のトランザクションを観察し、そのトランザクションが自分のキャッシュメモリー上にあるデータの場合、キャッシュメモリーの該当するエントリを更新して、マルチプロセッサー動作時の各プロセッサーのキャッシュ、および主記憶の内容の一貫性を保つための技術。多くの実装法があり、代表的なものにライトワンスやバークレイプロトコルなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android