バススヌープ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バススヌープ

複数のプロセッサーが、1つのバスで、主記憶メモリーを共有しているマルチプロセッサーシステムで、キャッシュのコヒーレンシ(一貫性)を維持するのに効果的な手法。それぞれのプロセッサーが、共有されたメモリーインターフェイスバス上のトランザクションを観察し、そのトランザクションが自分のキャッシュメモリー上にあるデータの場合、キャッシュメモリーの該当するエントリを更新して、マルチプロセッサー動作時の各プロセッサーのキャッシュ、および主記憶の内容の一貫性を保つための技術。多くの実装法があり、代表的なものにライトワンスやバークレイプロトコルなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android