バタビア・ペトロリアム[会社](読み)ばたびあぺとろりあむ

世界大百科事典内のバタビア・ペトロリアム[会社]の言及

【ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ】より

…07年シェル・トランスポート・アンド・トレーディング社とロイヤル・ダッチ・ペトロリアム社の資産を合同し,ここにロイヤル・ダッチ・シェル・グループが誕生した。その際オランダに採掘,精製を主とするバタビア・ペトロリアム社De Bataafsch Petroleum Maatschappijとイギリスでの輸送,販売を主とするアングロ・サクソン・ペトロリアムAnglo‐Saxon Petroleum Co.が設立された。 シェルはH.W.A.デターディング(1896年以来ロイヤル・ダッチ・ペトロリアム社の経営陣の一人)の経営のもとで,東南アジア,メキシコ,ルーマニア,ロシアなどで利権を握り,石油開発を行った。…

※「バタビア・ペトロリアム[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android