コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチカンと中国

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バチカンと中国

中国は49年の建国後、バチカン外交使節を追放し、51年に断交した。57年に政府公認の中国天主教愛国会が設立。愛国会は法王の承認なしで独自に司教を任命してきた。昨年4月のベネディクト16世の就任後、両国の水面下の交渉は活発化。バチカンのラヨロ外務局長(外相)は今年3月、中国との国交樹立について「機は熟している」と語った。昨年11月には、トーラン元外務局長を台湾に派遣。台湾総統府によると、陳水扁(チェン・ショイピエン)総統と面会し、台湾との「協力関係を継続・発展させる」と述べた。

(2006-04-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バチカンと中国の関連情報