コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチカン博物館

1件 の用語解説(バチカン博物館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バチカン博物館

バチカン市国の宮殿内の美術館や博物館の総称。歴代ローマ法王の膨大なコレクションを収める。収蔵品はギリシャローマの古代彫刻、古代エジプトの埋葬品、キリスト教美術の絵画など多彩で、ミケランジェロの壁画「最後の審判」があるシスティーナ礼拝堂では法王選挙(コンクラーベ)も行われる。他に、ラファエロの「アテネの学堂」、レオナルド・ダビンチの「荒野の聖ヒエロニムス」などが有名。

(2009-02-21 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バチカン博物館の関連キーワードバチカン宮殿バチカン市国国立美術館箱物行政バチカンIORセルマゲ宮殿ツウィンガー宮殿デジタルミュージアム千沢楨治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バチカン博物館の関連情報