バッカス(John Backus)(読み)ばっかす(英語表記)John Backus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッカス(John Backus)
ばっかす
John Backus
(1924―2007)

アメリカのコンピュータ技術者。フィラデルフィア生まれ。1954~1955年アメリカのIBM社で同僚のジラーIrving Zillerらとともに、本格的な技術計算用コンピュータIBM704用の汎用(はんよう)プログラム言語FORTRAN(フォートラン)(Formula Translating System)を開発した。ついでアメリカ、ドイツの学会が協力して進めたALGOL(アルゴル)(Algorithmic Language)の開発で主要な役割を果たした。バッカスとデンマークのコンピュータ科学者のナウアPeter Naur(1928― )が編み出したバッカス‐ナウア記法(Backus Naur Form略してBNF)を採用したALGOL60は、その後のプログラム言語の研究に大きな影響を与えている。

[荒川 泓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android