コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッケッリ Bacchelli, Riccardo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッケッリ
Bacchelli, Riccardo

[生]1891.4.19. ボローニャ
[没]1985.10.8. モンツァ
イタリアの詩人,小説家,劇作家,評論家。ボローニャ大学の博識な学風をカルドゥッチ,パスコリから受継ぎ,他方『ボーチェ』誌同人と交わることによって前衛文学の風土のなかで,多面的な自己の作風を確立した。第1次世界大戦後,雑誌『ロンダ』 La ronda創刊の立役者となって,伝統の復興を唱え,歴史小説を多数著わした。主著『ポンテルンゴの悪魔』 Il diavolo al Pontelungo (1927) ,3部作『ポー河の水車小屋』 Il mulino del Po (38~40) ,『アフロディーテ』L'Afrodite (69) ,評論『文学上の告白』 Le confessioni letterarie (73) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッケッリ
ばっけっり
Riccardo Bacchelli
(1891―1985)

イタリアの小説家。生地のボローニャ大学で文学を修める。第一次世界大戦後、イタリア文学の復興を唱えた雑誌『ロンダ』の創刊に加わった。高い評価を受けた『叙情詩集』(1914)などの詩集や、『ハムレット』(1919)などの戯曲も多いが、とりわけ歴史小説に優れた手腕を示した。なかでもバクーニンを主人公に、19世紀の北イタリアにおけるアナキズム運動を描いた『ポンテルンゴの悪魔』(1927)や、ナポレオンのロシア遠征から第一次世界大戦までの100年余りの歴史の大きなうねりを、水車番の一家の盛衰に重ねて描いた長編三部作『ポー川の水車小屋』(1938~40)はその代表作。その作品はいずれも、洗練された文体、史実に対する忠実さ、巧みな方言の使用を特徴とするとともに、背後に強い倫理感を秘めている。ほかに『イエスの眼差(まなざ)し』(1948)、『スターリンの息子』(1953)などがある。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バッケッリの関連キーワードライモンディカルドゥッチ4月19日ソラーリアチェッキ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android