コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハ:トッカータ ホ短調/piano solo Toccata

1件 の用語解説(バッハ:トッカータ ホ短調/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

バッハ:トッカータ ホ短調/piano solo

導入、アレグロ、クロマティックな走句を披露するアダージョの3セクションによる前半楽章と、長大な主題を持つフーガ楽章から成る。
前半は、トッカータに典型的な走句をもたず、比較的ゆるく控えめな始まり方 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッハ:トッカータ ホ短調/piano soloの関連キーワードアレグロアクロマチックレンズクロマチックパンクロマチックフィルムクロマチックハーモニカパンクロマチックリマティック岩テルマティック泥炭プティグマティック脈マイクロペグマティティック組織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone