コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バティフォル Batiffol, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バティフォル
Batiffol, Pierre

[生]1861.1.27. ツールーズ
[没]1929.1.13. パリ
フランスのカトリック教会史家。パリで L.デュシェーヌに学び,1889年から聖バルバラ学院で教えた。 J.ラグランジュとともに聖書学雑誌"Revue biblique"で活躍。 98年ツールーズのカトリック研究所長。 1907年著書『聖餐論』L'Eucharistie (1905) などが近代主義的として禁書にされたが,彼自身は反近代主義の立場を守り続けた。主著『初期教会とカトリック教』L'Eglise naissante et le catholicisme (09) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バティフォルの関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ウェストンスウィフトダールマンタゴールチャーチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android