コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトン・ルージュ Baton Rouge

世界大百科事典 第2版の解説

バトン・ルージュ【Baton Rouge】

アメリカ合衆国ルイジアナ州南東部の同州の州都。人口22万7000(1994)。ミシシッピ川の左岸に位置する河港で,周囲に広がる油田地帯の中心地。石油化学,合成ゴム,アルミニウム,製紙,機械器具,食品加工などの工業が発達している。1719年フランスの砦の建設と同時に集落ができ,62年にイギリス領,75年にスペイン領,1815年に合衆国領となった。ルイジアナ州立大学の所在地。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バトン・ルージュの関連キーワードブランフォード マルサリスローリー・リン ドラモンドリーズ ウィザースプーンジョー ダーレンスバーグジョナサン パペルボンビル ビューフォードアンディ ペティットバトン・ルージュルイジアナ[州]シュリーブポートバトンルージュシュイ クーグリアソンペティットブラウンロング

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android