コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドガオン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バドガオン
ばどがおん
Bhadgaon

ネパール中部、カトマンズ盆地にある古都。バクタプルBhaktapurともいう。カトマンズの東方11キロメートルに位置し、トロリーバスが通じる。人口7万2543(2001)。中世のマッラ三王国の一つで、アナンダ・マッラによって建設された。市内にダルバール広場や55の窓をもつ宮殿、ニャタポラ、ダッタトラヤなどの寺院が、ネワール建築の粋(すい)を示す。さらに街の家々は木彫りで飾られ、街全体が生きた博物館でもある。陶器の壺(つぼ)づくりの町としても有名。[高山龍三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バドガオンの関連キーワードカトマンズの谷ラリトプールネパール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android