コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナーカティー Banākatī, Fakhr al-Dīn Abū Sulaymān Dāwūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナーカティー
Banākatī, Fakhr al-Dīn Abū Sulaymān Dāwūd

[生]?
[没]1329/1330
イラン,イル・ハン国の詩人,歴史家。 1301/2年にガーザーン・ハン (合賛汗) から Malik al-shu`arā' (詩人の王) の称号を与えられる。その著"Rawdat ūlī al-Albāb fī Tawārīkh al-Akābir wa al-Anṣāb" (1317/8) ,通称『バナーカティー史』 Tārīkh-i Banākatīは,16年のアブー・サイード (不賽因) の即位にいたる総合史。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バナーカティーの関連キーワード元徳竺仙梵僊二階堂貞藤ダグラスニマットラー・ワリーニコラウス5世高階隆兼世良親王クルテアデアルジェシュピサーノ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android