コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バニヤー banyā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バニヤー
banyā

インドの商人カースト。サンスクリット起源の言葉。インドでは都市の商人が次第にカーストを形成して,四姓の第3位のバイシャとして,商工業の実権を握り,シェートと呼ばれた有力者がカーストの秩序維持にあたった。特に有名なのはグジャラートラージャスターンマールワーリー地方との商人カーストで,19世紀以後インド経済に大きな役割を果した。ビルラーやダルミアの二大財閥は商人カーストの出身者によってつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バニヤーの関連キーワードホムス(シリア)マールワールマルガット城バニアスシリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android