コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハー・アッディーン Bahā’ al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

バハー・アッディーン【Bahā’ al‐Dīn】

1145‐1234
アイユーブ朝の伝記作者。モースルで生まれアレッポで没す。モースルにいたが,後にサラーフ・アッディーンに仕え,軍のカーディーとして彼が没すまで行動を共にする。その後はアレッポでその息子に仕えた。その主著《サラーフ・アッディーン》はサラーフ・アッディーンの伝記として,またその時代の歴史史料として最も重要なものである。とくに後半生を扱った部分は,著者自身が行動を共にした時期であり貴重な情報にあふれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バハー・アッディーンの関連キーワードナクシュバンディー教団サラーフ・アッディーンジュワイニー3月6日ルーミー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android