バフマンヤール・ブン・アルマルズバーン(読み)ばふまんやーるぶんあるまるずばーん

世界大百科事典内のバフマンヤール・ブン・アルマルズバーンの言及

【イブン・シーナー】より

…しかしながら,彼が晩年に目指した神秘主義哲学に関する著作は,散逸し全貌を知ることができない。彼の存在の研究は,弟子のバフマンヤール・ブン・アルマルズバーンBahmanyār b.al‐Marzubān(?‐1067)らに継承され,やがてモッラー・サドラーらの後期イスラム思想家たちにおいて開花する。また形而上学,医学の著書は,中世,西欧にラテン語訳され,トマス・アクイナスの存在論・超越論に大きな影響を与えた。…

※「バフマンヤール・ブン・アルマルズバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android