バフラム2世(読み)バフラムにせい(英語表記)Bahrām II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフラム2世
バフラムにせい
Bahrām II

[生]?
[没]293
古代イラン,ササン朝の王 (在位 276~293) 。バフラム1世の子。父の死後,即位。東部地方を治めていた兄弟のオルミズドと対立。この機に乗じて 283年,ローマ皇帝カルスの率いるローマ軍がクテシフォンを攻撃したが,皇帝の急死により撤退した。その治下にゾロアスター教の改革者カルティールが活躍している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android