コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バミューダ[諸島] バミューダ

百科事典マイペディアの解説

バミューダ[諸島]【バミューダ】

大西洋上,ニューヨーク南東約1200kmにある英領島々。約300のサンゴ礁の島々からなり,うち20島が常住島。主産物ユリ根,バナナ,早期栽培の野菜など。欧米を結ぶ海空路中継基地,米国の軍事基地として重要。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バミューダ[諸島]【Bermuda Islands】

北大西洋西部にあるイギリス領の諸島。別称サマーズ諸島Somers Islands。アメリカ合衆国ノース・カロライナ州のハタラス岬の南東約920km,北緯32゜18′,西経64゜46′に位置し,主島バミューダ島を中心に東側のセント・ジョージ島,セント・デービッド島,西側のサマセット島,アイルランド島などが橋や堤防で結ばれる。全体で約300の島から構成され,総面積53.3km2であるが,住民のいるのは約20の島にすぎず,人口6万1000(1996)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バミューダ[諸島]の関連キーワードセラミック・ターボチャジャー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android