バミレケ高原(読み)ばみれけこうげん

世界大百科事典内のバミレケ高原の言及

【カメルーン】より

… 西カメルーンは,ギニア湾内のビオコ島(フェルナンド・ポー島)などから北東~南西方向に走る構造線沿いにカメルーン山,マネングーバ山,バンブート山などの火山列が続く。これらの火山群とともに北西部には標高1400mほどのバミレケ高原があり,2000mm前後の年降水量があるが,人為による林地の後退などで裸地化が著しい。現在,北緯4゜あたりまで,1500mm以上の年降水量に支えられて熱帯雨林となっているが,約2万年前ころの最終氷期にはサバンナ化し,森林がほぼ消滅したことが最近の研究で明らかになりつつある。…

※「バミレケ高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android