コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヤジッド1世 バヤジッドいっせいBayazid I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バヤジッド1世
バヤジッドいっせい
Bayazid I

[生]1360頃
[没]1403.3. アクシェヒール
オスマン帝国第4代スルタン (在位 1389~1402) 。父ムラト1世コソボの戦い (1389) で倒れた直後に即位。「雷王」のあだ名をもつ武人で,セルビア宗主権を確立,ワラキアを服従させたが,バルカン諸民族がハンガリー王のもとに対トルコ十字軍を編制したため,1396年ニコポリスで戦い (→ニコポリスの戦い ) ,勝利を得た。 1402年中央アジアから小アジアに西進したチムール (帖木児) とアンカラ郊外で戦って敗れ,捕虜となり,8ヵ月後に死亡。彼の死後,オスマン帝国は一時空位時代を迎えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バヤジッド1世の関連キーワードシルトベルガーアンカラの戦いサルハン侯国ゲリボルコソボ在位

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android