コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バライ・プスタカ Balai Pustaka

世界大百科事典 第2版の解説

バライ・プスタカ【Balai Pustaka】

オランダ植民地政府がインドネシアで設立した文化事業局。この構想は1908年9月に〈原住民学校および人民の図書普及委員会〉の設立として具体化したのち,17年9月,バタビア(現,ジャカルタ)でのバライ・プスタカ(民衆文化局)の開設によって本格化した。原住民社会の文化的向上を目標に,欧米の書籍の収集と西欧文学作品のマレー語(インドネシア語)への翻訳のほか,インドネシア各地の民話,年代記等の収集と出版を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバライ・プスタカの言及

【インドネシア】より

…この小説の中で,民族主義者でもあった作者は,主人公と欧亜混血女性コリーとの結婚をテーマにして,村を捨て去りながら結局オランダ人社会にも入れられず破滅する西洋かぶれの青年官吏の悲劇を描いている。この作品は,健全な良書を供給することを任務とした政府機関バライ・プスタカ(図書局)から出版されたが,同局はコリーの描き方に手直しを求めて出版したという。 本格的な文学運動が始まったのは,新しいインドネシア統一文化の創造を目指す文学雑誌《プジャンガ・バル(新詩人)》(1933‐42)の創刊によってであった。…

※「バライ・プスタカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バライ・プスタカの関連キーワードマラ・ルスリマラ・ルスリ