コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バランス・シュル・ローヌ Valence‐sur‐Rhône

世界大百科事典 第2版の解説

バランス・シュル・ローヌ【Valence‐sur‐Rhône】

フランス南東部,ドローム県の県都。人口6万5000(1990)。イゼール川との合流点に近いローヌ川左岸の段丘上に開けた町。イゼール川の上流にあるグルノーブルを経由する,アルプス越えの主要道の一つが通っているため,ローマ時代以来,交通の要衝を占めてきた。現在は,ローヌ川沿岸の農産物の集散地であり,宝石・金属工業が立地する。【樺山 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報