バランス・シュル・ローヌ(英語表記)Valence‐sur‐Rhône

世界大百科事典 第2版の解説

バランス・シュル・ローヌ【Valence‐sur‐Rhône】

フランス南東部,ドローム県の県都。人口6万5000(1990)。イゼール川との合流点に近いローヌ川左岸の段丘上に開けた町。イゼール川の上流にあるグルノーブルを経由する,アルプス越えの主要道の一つが通っているため,ローマ時代以来,交通の要衝を占めてきた。現在は,ローヌ川沿岸の農産物の集散地であり,宝石・金属工業が立地する。【樺山 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android