バリアフリーとユニバーサルデザイン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バリアフリーとユニバーサルデザイン

バリアフリーは、障害のある人が社会生活をするうえでのさまざまな障壁(バリア)を取り除くこと。ユニバーサルデザインは、障害の有無や年齢、性別などにかかわらず多様な人が利用しやすいように都市や生活環境をデザインする考え方内閣府表彰は02年度に始まり、施設整備や製品開発、推進・普及活動を対象に、ハード、ソフト両面から選考している。

(2008-12-05 朝日新聞 朝刊 東京都 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android