コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリリ弦楽四重奏団

2件 の用語解説(バリリ弦楽四重奏団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

バリリ弦楽四重奏団

オーストリアの弦楽四重奏団。1945年にバイオリン奏者ワルター・バリリを中心に結成。1950年代に活躍し、バリリの肘の故障により活動休止。ベートーヴェンモーツァルトシューベルトなどの演奏で知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリリ弦楽四重奏団
ばりりげんがくしじゅうそうだん
Barylli Quartett

オーストリアの室内楽団。1945年、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、ワルター・バリリ(1921― )を中心に、このオーケストラの主要奏者で結成。ウィーンの演奏の伝統とバリリの個性を融合した格調高い上品なアンサンブルを築き上げ、世界的な名声を得た。57年(昭和32)来日。59年バリリが右腕麻痺(まひ)の職業病に冒され、解散。活動期間は比較的短かったが、ベートーベンやモーツァルトの演奏に一時期を画し、ウィーン・フィルの楽員が代々結成した数々の弦楽四重奏団のなかで卓越した存在と評価された。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バリリ弦楽四重奏団の関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省嶋清一ルーズベルトアバ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone