コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルガンシクロビル塩酸塩 ばるがんしくろびるえんさんえん

1件 の用語解説(バルガンシクロビル塩酸塩の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

バルガンシクロビル塩酸塩

HIV感染症(エイズ)患者は免疫機能の低下により、通常では感染しない様々な感染症に罹患しやすい(日和見感染)。その代表例に、サイトメガロウイルス網膜炎(CMV網膜炎)がある。失明に至る進行性の病気で、免疫機能の回復が見込めない場合は終生の治療が必要。バルガンシクロビル(商品名「バリキサ」)は、CMV感染症に対する治療薬である。従来CMV網膜炎に対する治療薬としてはガンシクロビルが用いられてきたが、内服時の吸収率が悪いなどの欠点があった。バルガンシクロビルは、内服すると体内に吸収された後にガンシクロビルに変換されるため、吸収率が大幅に改善。内服で、ガンシクロビルの注射と同等の治療効果が得られる。重大な副作用に、骨髄機能の低下による血液障害(血球減少など)が知られ、服用中は定期的な血液検査が必須である。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

バルガンシクロビル塩酸塩の関連キーワードエイズHANDフマル酸テノホビルジソプロキシルビリアード錠抗ウイルス剤エイズ(AIDS)HIV ポジティブ郵送検査アクチノヒビンPWH

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone