コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトーク:アレグロ・バルバロ/piano solo Allegro barbaro

1件 の用語解説(バルトーク:アレグロ・バルバロ/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

バルトーク:アレグロ・バルバロ/piano solo

全214小節からなり、バルトークのピアノ小曲の中では比較的よく知られた作品。
バルトークは1908年頃から実験的なピアノ作品群を残しているが、1911年にかかれたこの作品は、その最後に位置するものであ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルトーク:アレグロ・バルバロ/piano soloの関連キーワードバルトーク:狂詩曲/piano soloバルトーク:14のピアノの小品(14のパガテル)/piano soloバルトーク:ソナティナ/piano soloバルトーク:ピアノ・ソナタ/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第1巻(1~36)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第2巻(37~66)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第3巻(67~96)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第4巻(97~121)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第5巻(122~139)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第6巻(140~153)/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone