コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトーク:ミクロコスモス 第2巻(37~66)/piano solo Mikrokozmosz

1件 の用語解説(バルトーク:ミクロコスモス 第2巻(37~66)/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

バルトーク:ミクロコスモス 第2巻(37~66)/piano solo

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。
全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想され ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルトーク:ミクロコスモス 第2巻(37~66)/piano soloの関連キーワードモットー延喜の治バルトーク:狂詩曲/piano soloバルトーク:アレグロ・バルバロ/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第1巻(1~36)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第3巻(67~96)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第4巻(97~121)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第5巻(122~139)/piano soloバルトーク:ミクロコスモス 第6巻(140~153)/piano soloバルトーク:舞踏組曲/piano solo

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone