バルドアーズ県(読み)バルドアーズ(英語表記)Val-d'Oise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルドアーズ〔県〕
バルドアーズ
Val-d'Oise

フランス北部,イルドフランス地域 (レジオン) の県。県都ポントアーズ。 1964年のパリ地区再編成により新設された。セーヌ川の北側に位置し,イルドフランスとベクサンフランセの石灰岩卓状地の間を,オアーズ川が北東から南西の方向に貫流する。南部のモンモランシー付近までパリの郊外住宅地化が進み,セーヌ,オアーズ両川流域は一部高度に都市化しているが,モンモランシー,リラダンなどには森林が残っており,パリ市民の散策の場所となっている。肥沃なローム土壌の耕地では,コムギ,テンサイ,パリ向けの野菜などが大量に生産され,ポントアーズ,モンモランシーの間の石灰洞ではマッシュルームの集約栽培が大規模に行われている。面積 1246km2。人口 104万 9598 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android