コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルバン バルバン Balban, Ghiyāth al-Dīn

1件 の用語解説(バルバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルバン
バルバン
Balban, Ghiyāth al-Dīn

[生]?
[没]1287
インドデリー・サルタナット最初の奴隷王朝の王 (在位 1266~87) 。奴隷王朝イールトゥートゥミシュ王の奴隷として宮廷に入ったが,次第に頭角を現し,彼を重用したナーシル・ウッディーン・マフムードの死後,実権を掌握して王位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバルバンの言及

【奴隷王朝】より

…デリーを首都として北インド一帯を支配領域とした。アイバクおよび王朝の確立者イルトゥートミシュIlutūtmish(在位1211‐36),バルバンBalban(在位1266‐87)らの皇帝が奴隷(マムルーク)出身であったことから,この王朝名がついた。君主の世襲はまだ確立するにいたらず,有能な者が君主に就くという原則であった。…

※「バルバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルバンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルバンの関連情報