コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バル・コホバ Simeon Bar Kokhba

世界大百科事典 第2版の解説

バル・コホバ【Simeon Bar Kokhba】

?‐135
ローマ帝国の支配に対する第2次ユダヤ戦争(132‐135)の軍事指導者。本名はベン・コシバBen Koseba。バル・コホバ(星の子)とは,ラビ・アキバの支持を受けた反乱指導者を,メシアと認めた民衆がつけたあだ名である(《民数記》24:17を参照)。しかし,彼の敗死に失望すると,人々は彼をバル・コズィバ(偽りの子)と呼んだ。反乱時にユダヤ人が鋳造した貨幣には,〈イスラエルの君主シメオン〉と刻まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバル・コホバの言及

【ユダヤ戦争】より

…(2)第2次ユダヤ戦争 ハドリアヌス帝治下(117‐138)ユダヤ地方に再び大規模な反乱が組織された。ベン・コシバがバル・コホバ(星の子)と称えられて(ラビ・アキバは彼をメシアとまで呼んだ)反乱を指導し,かなりの地域を有効に支配した時期もあったが,結局ベテルの戦に敗れて,反乱は鎮圧され,ユダヤ人はエルサレムへの立入りを禁じられ,祖国を追われることになった。【土岐 健治】。…

※「バル・コホバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バル・コホバの関連キーワードイガエル ヤディン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android