コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バル・ヘブライオス Bar Hebraios

世界大百科事典 第2版の解説

バル・ヘブライオス【Bar Hebraios】

1226‐86
ヤコブ派キリスト教徒の神学者,歴史家,医師。ラテン名バルヘブラエウスBarhebraeus,アラビア名イブン・アルイブリーIbn al‐‘Ibrī。アナトリアのマラティヤ出身。キリスト教に改宗したユダヤ教徒で,ヘブライオスの名もそこからきている。アンティオキアとトリポリで医学や神学を学び,医師から聖職者(1264年からマフリアノ)になった。ヤコブ派のなかでもっとも著名な著作家で,シリア語,アラビア語を用いて神学,哲学,教会法,さらに数学,天文学に関する著作を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バル・ヘブライオスの関連キーワードルイ[9世]アルビジョア十字軍キリスト教系教会九条頼経謝枋得専修寺フランチェスコ僻案抄無学祖元頼瑜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android