コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレル仕上げ バレルしあげbarrel finishing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレル仕上げ
バレルしあげ
barrel finishing

バレルと呼ばれる樽 (通常六ないし十二角形) の中に,工作物,メディアコンパウンドを封入して回転させ,工作物とメディアの衝突によってなめらかな表面に仕上げる加工法。小物の量産に適しているが,加工条件に経験を要し,騒音が大きい難点がある。メディアには,砥粒,石英その他の石塊,鋼球,皮,おが屑,その他が使用され,仕上げ目的によって使い分ける。コンパウンドは防錆,潤滑,つや出しなどの作用をする液体で,鉱物油や石鹸液が用いられる。類似する加工法に,タンブリングがある。工作物とアルカリ性コンパウンドを封入し,いわゆる共ずりによって油や酸化膜などを落すのに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone