コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンクラゲ(馬簾水母) バレンクラゲPhysophora hydrostatica

世界大百科事典 第2版の解説

バレンクラゲ【バレンクラゲ(馬簾水母) Physophora hydrostatica】

ヒドロ虫綱バレンクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南の暖海に広く分布する。体長約4cmで,上方の泳鐘(えいしよう)部の下に栄養部が続く。泳鐘部には1個の気胞体が頂点にあり,その下に倒心臓形の泳鐘が2列に並んでいる。栄養部は感触体,栄養体,触手,生殖体などからなっている。栄養部の形が,火消しのもつまといの周囲に垂れ下がる馬簾に似ているのでこの名がある。とくに感触体は金色の円筒状の盲管で,規則正しく環状に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバレンクラゲ(馬簾水母)の言及

【クラゲ(水母)】より

…生殖腺は口柄のまわりや傘の内面に露出して生ずる。 ヒドロ虫綱の中でバレンクラゲカツオノエボシ(イラスト)などのクダクラゲ(管水母)類は食物を消化する栄養ポリプ,刺胞をもった触手で餌をとらえる指状ポリプ,生殖を行う生殖ポリプなど,それぞれ役目の異なっているポリプが一つの気胞体の下に集合して浮遊生活をしている。ハチクラゲ類は一般に大型で,ビゼンクラゲでは直径が1m以上にもなる。…

※「バレンクラゲ(馬簾水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報