バロッタ(読み)ばろった

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロッタ
ばろった
[学]Vallota speciosa Voss

ヒガンバナ科の球根草。南アフリカ原産。球根は黒褐色の皮に覆われた鱗茎(りんけい)で、長卵形。葉は同じくヒガンバナ科のアマリリスに似ており細長く、長さ約40センチメートル、幅約3センチメートル。初秋、高さ30~40センチメートルの花茎に散形花序をつくり、橙赤(とうせき)色花を3、4個開く。花径は約8センチメートルで、小形のアマリリスを思わせる。耐寒性は強くなく、冬季は鉢植えにして、温室など暖かい場所で栽培するのがよい。日当りを好むが、半日陰でもよく生育する。繁殖は分球による。[平城好明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android