バローズ(読み)ばろーず(英語表記)William Seward Burroughs

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バローズ(William Seward Burroughs)
ばろーず
William Seward Burroughs
(1914―1997)

アメリカの小説家。セント・ルイスの有名なバローズ計算機製造業者の長男として生まれる。ハーバード大学卒業後、ニューヨークに住み、ビート・ジェネレーション(第二次世界大戦後、物質文明や因習、常識などに反発し、そこからの離脱を目ざした若者世代)の中心的存在となるジャック・ケロアック、アレン・ギンズバーグと知り合い、その先駆者的な存在となった。その後メキシコ、モロッコ、ヨーロッパ各地を放浪し、パリではシュルレアリスムの画家、詩人であるブリオン・ガイシンBrion Gysin(1916―1986)と出会った。これらの交友関係と薬物の使用が彼の表現活動に大きな影響を与えた。1953年、ウィリアム・リーの筆名で自らの麻薬中毒の体験を描いた『ジャンキー』(俗語で「麻薬中毒者」の意)を出版して、一躍有名になる。続く『裸のランチ』(パリ版1959、ニューヨーク版1962)では、麻薬中毒者の生活を伝統的な物語の枠を無視して、強烈なシュルレアリスティックなイメージで表現し、暴力や性の表現をめぐって発禁騒ぎとなった。裁判の結果、処分は取り消され、アメリカでの文学作品の検閲が廃止される契機となった。その後の作品『ソフト・マシーン』(パリ版1961、ニューヨーク版1966)、『爆発した切符』(パリ版1962、ニューヨーク版1967)、『ノバ・エクスプレス』(1964)、『ワイルド・ボーイズ』(1971)なども超現実的な傾向の強い作品で、ジョイス、ランボー、カフカからの文章の抜粋や、イメージをコラージュ風に羅列する「切り込み」(カットアップ)や「折り込み」(フォールドイン)と称する特異な実験を試みている。この手法は印刷物の文章を、実際にはさみを使ってばらばらにし、それらをつなぎ合わせて散文として再構成するというものである。1970年代中ごろから書き続けていた三部作『赤い夜の都市』(1981)、『死の道の場所』(1984)、『西にある国々』(1987)は、現代の文明社会を否定し、時間空間を超越して自分なりの理想社会、ユートピアを模索した小説である。初期の個人的な麻薬体験を描く小説とは異なるが、彼独特の文明思想、複雑な構成、描写、イメージなどによって、いずれも難解である。その後も執筆活動を続け、1995年に最後の作品となる『私の教育――夢の本』を出版した。現代社会の権力機構に反逆、抵抗するだけでなく、私生活でも、妻を誤って射殺したり、同性愛者であったり、映画に出演するなど、マスコミをにぎわすことも多かった。1983年、アメリカ芸術院会員に選ばれ、彼が批判してやまなかったアメリカの公式文化から認知されるという皮肉なことになった。『裸のランチ』は、1991年デビッド・クローネンバーグDavid Cronenberg(1943― )により映画化された。[渡辺利雄]
『飯田隆昭訳『爆発した切符』(1979・サンリオ) ▽鮎川信夫訳『ジャンキー』(1980・思潮社) ▽飯田隆昭・諏訪優訳『麻薬書簡』(1986・思潮社) ▽鮎川信夫訳『裸のランチ』(1992・河出書房新社) ▽山形浩生訳『ノヴァ急報』(1995・ペヨトル工房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バローズの関連情報