バローネの反乱(読み)ばろーねのはんらん

世界大百科事典内のバローネの反乱の言及

【フェランテ】より

…そのために膨大な財政支出を余儀なくされ,政情不安を招いた。1485年に有名な〈バローネの反乱〉が生じ苦境に立ったが,大貴族層の背後にいた教皇と和解して反乱を鎮圧すると,謀反人を次々に処刑した。フェランテの死後,フランスが王位を主張して強力な介入を行うようになり,ナポリ王国の独立は失われるにいたった。…

※「バローネの反乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android