コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロ Marcus Terentius Varro

大辞林 第三版の解説

バロ【Marcus Terentius Varro】

前116~前27) ローマの文人・学者。ローマ随一の碩学せきがくとたたえられた。大図書館建設のための書物の収集を担当。多分野にわたり多数の書物を書いたといわれるが、断片を除いて「農業論」「ラテン語論」(一部)のみが残存。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バロの関連キーワードプトレマイオス8世エウエルゲテス2世リバモリウム全国銀行石川県の要覧議会休会中任命統合戦略軍国連難民高等弁務官事務所UNHCR朝日新聞阪神支局襲撃事件九頭竜川

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バロの関連情報