コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロ Marcus Terentius Varro

大辞林 第三版の解説

バロ【Marcus Terentius Varro】

前116~前27) ローマの文人・学者。ローマ随一の碩学せきがくとたたえられた。大図書館建設のための書物の収集を担当。多分野にわたり多数の書物を書いたといわれるが、断片を除いて「農業論」「ラテン語論」(一部)のみが残存。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岩石学辞典の解説

バロ

ブラジルの地方的な言葉で,ミナス・ジェライス(Minas Gerais)州のSan Joao de Chapalaに産するダイヤモンドを含む粘土をいう[Derby : 1882].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

バロの関連キーワードザルツブルク・バロック聖霊降臨祭音楽祭リナルド アレッサンドリーニイングリッシュ・コンサートハバロフスク・ノーヴイ空港ル・コンセール・ダストレ東京ヴィヴァルディ合奏団聖マリアマグダレナ教会ニコライ クリメンコ松本記念音楽迎賓館ラ・リゾナンツァウィンシャーマンシャンボニエールサハリバハロールハバロフスク空港パヴァロッティ小林道夫(1)イタリア合奏団サライバロールプサルテリウムレッチェ大聖堂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バロの関連情報