バンクーバー(George Vancouver)(読み)ばんくーばー(英語表記)George Vancouver

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクーバー(George Vancouver)
ばんくーばー
George Vancouver
(1757―1798)

イギリスの探検航海者。13歳で海軍入隊、1770年代に行われたキャプテン・クックの第2回と最後の航海に参加。91年ヌートカ入り江(バンクーバー島近く)のスペインからの回収、北緯30度以北の太平洋岸精密探査、太平洋―ハドソン湾間北西航路の発見を目的に、喜望峰回りで出発。オーストラリア南西部とニュージーランドを探査し、ハワイを経て目的地に至り、北西航路以外は所期の目的を果たした。とくに92年から3回の夏をかけた探査航海(ハワイで越冬)は精密を極め、北はアラスカ南部のクック入り江から南はサンフランシスコ北方にまで及んだ。94年ホーン岬回りで帰国、大佐艦長に昇格、98年に航海記を刊行した。

[越智道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android