コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バングラデシュのヒ素汚染

1件 の用語解説(バングラデシュのヒ素汚染の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バングラデシュのヒ素汚染

飲み続けると、ぜんそく皮膚がんなど慢性ヒ素中毒の症状を発生する高濃度のヒ素が、1993年以降、ほぼ全土の井戸水から検出された。原因ははっきりしないが、ヒマラヤ山脈が形成されたときにヒ素を含む岩石が生成され、ガンジス川流域を中心に堆積(たいせき)したとみられている。乾期の農業用水を確保するため地下水を大量に吸い上げていることも、汚染が深刻化した要因の一つと考えられている。

(2013-04-05 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バングラデシュのヒ素汚染の関連キーワード神足通雁瘡神足喘息タバコ全速力長酒オゾン層の破壊と皮膚がん慢性ヒ素中毒紺ソクガンソク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone