コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンディアガラの断崖 バンディアガラノダンガイ

デジタル大辞泉の解説

バンディアガラ‐の‐だんがい【バンディアガラの断崖】

Falaises de Bandiagara》マリ中部、バンディアガラ山地にある断崖。モプティに近い。ニジェール川に面し、標高差約500メートル、幅は約150キロメートルに及ぶ。断崖の周辺にはドゴン人の集落が点在し、独自の文化を保っている。1989年「バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)」の名で世界遺産(自然遺産・文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バンディアガラの断崖の関連キーワードバンディアガラの断崖〈ドゴン人の地〉マリ(国)マリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android