バンディット1250

デジタル大辞泉プラスの解説

バンディット1250

スズキが2007年から製造・販売したオートバイ。総排気量1254cc(大型自動二輪車)。エンジン形式は水冷4ストローク4気筒DOHC。バンディット1200の外観を踏襲し、排気量を拡大した新開発の水冷エンジンを搭載。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android