バンディット1250

デジタル大辞泉プラスの解説

バンディット1250

スズキが2007年から製造・販売したオートバイ。総排気量1254cc(大型自動二輪車)。エンジン形式は水冷4ストローク4気筒DOHC。バンディット1200の外観を踏襲し、排気量を拡大した新開発の水冷エンジンを搭載。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android