バンドネオン [bandoneon](読み)バンドネオン

  • bandoneon

音楽用語ダスの解説

1840年代にアコーディオンにヒントを得てドイツで発明され、その後アルゼンチンタンゴの楽器として定着した。元来タンゴ演奏はフルートクラリネット、ギターのトリオが主流だったが、今世紀に入ってバンドネオン、ピアノ、バイオリンコントラバス中核としたものが標準編成(オルケスタ・ティピカ)となった。現在はさらにエレキ・ギター、シンセサイザーなども使われる。バンドネオンはアコーディオンの一種であるが、ピアノ式アコーディオンのような鍵盤はなく、蛇腹を伸縮させながらボタンを押して発音させる。レガート奏法、スタッカート奏法を駆使して旋律和音を奏し、特にスタッカートはほかのアコーディオンよりも歯切れがよく、その点でもタンゴにより適している。歴史的な名演奏家にアストル・ピアソラがいる。音域は3オクターブ、イ長調に調律するのが一般的。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android